月例無料相談会
(正会員限定:事前予約が必要です)
 
11月19日(日) 
13:00~15:40 
弁護士、一級建築士、
マンション管理士、
中部管協相談員が
ご相談対応します 
 
【詳しくは右のお知らせの   
コーナーをご覧下さい。】 
 
Google

WWW を検索
chubu-kankyo.org を検索

 

マンションに住むということ

   
 マンションの一室を所有し、マンションに住むことは、いろいろな制約を受け、トラブルの発生もあります。その理由としては、戸建て住宅との基本的な違いがあります。そして住んでみて初めてわかる事柄も多く、戸建ての常識が通用しないことにあります。

 ① 構造の違い
   マンションは、躯体を境界にして各住戸があり、エントランスから廊下やエレベーター、階段などが
  あって一つのマンションが出来上がっています。
  建物の財産としての価値は、個々の住宅にあるのではなく、建物全体としての財産価値が生み出され
  ています。
 
  ② 所有関係の違い
  マンションを購入することは、戸建ての場合と異なり土地と建物を入手するのではなく、一つの住
  戸部分(専有部分)と、敷地・建物の構造部・建物・設備・附属施設などの共有財産(共用部分)
  を購入することになり、共用部分に対しても所有者としての管理責任が生じます。
 
 ③ 用法・用途の違い
  それぞれが住戸部分を所有しているとはいえ、多くの場合は居住の場所に限定された用途と、法律・
  規約・細則・総会や理事会の定めに従った用法が求められます。
 
 ④ 管理の違いと費用負担
   建物や敷地などは共用部分ですから、共用部分の維持・補修は区分所有者全員からなる総会で話し
  合って決めます。管理に要する費用は、区分所有者が公平に分担しなければなりません。何を基準
  に公平とするかについては、多くの場合各々の所有する専有部分の面積比としています。
 
 以上が、お互いが助け合い、自分の財産を守り快適に暮らすために必ず知っておくべきことです。

 
 
 
<<特定非営利活動法人 中部マンション管理組合協議会>> 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山二丁目1-4 大隅金山ビル4F TEL:052-322-9956 FAX:052-322-9959